ファイナンシャルプランナー(FP)の役割

FFPは、金融の知識を用いて顧客が答えを出せるようにしてあげることが仕事。それには、以下のような業務があります。

金融資産形成において、FPは想定外を想定内に抑え、顧客の人生計画を確実なものにすべく、投資のアドバイスをする。個人が理解しにくいリスクの許容範囲を把握し、確たるものにすること。リテラシーに則して、投資リスクの大きさを教えること。そして、個人の事情に合わせた、リスクの許容範囲を把握して、確認できるようにしてあげること。

これらの情報提供と解りやすく教えるのが、FPなのである。そして、リスクの大きさが解れば、投資対象に対する投資金額や、その配分はどのくらいか、などのアドバイスにより、顧客が決められやすいということである。FPは、個人の事情に合わせた許容リスクを把握でき、個人の知識や経験のレベルに合わせて、目指す投資対象が、どのくらいのリスクなのかが説明できる。それにより、どれくらいの投資ができるのかの目安をしめすことができる。

投資による損失の可能性を、一定範囲におさえられることに理解を示し、顧客のリテラシーを踏まえつつ、具体的な数値を捉えながら、顧客の資産形成のアドバイスをする。そして、投資に二の足を踏んでいる顧客に対しても、的確な投資に導けることができる。投資に大きく踏み出せない背景には、知識や経験が少ないことによる警戒心がある。FPは、それを取り除き適正な投資を行えるように顧客を導くという重要な役割がある。投資初心者が投資を始める場合のアドバイスをするために、FPの役割は一層重要である。