地図作成のポイント

 

ラーメン屋さんの店主から、地図入りチラシの作成を頼まれた私は、地図作成の手順とともに、ポイントをまとめてみました。地図作成時の注意点としては、情報を書き込みすぎない事も重要な事のようです。なんでもかんでも、地図上にリアルに書き込むことで、地図が見づらくなり、地図を使用する側の人々の意識が、地図のゴール地点に集中しなくなってしまうようなのです。誰にでも見やすい、土地勘のない人でも分りやすい地図を作るためには、チラシを見たお客様をお店に招きたいのですから、地図上では、ラーメン屋は一番目立つように描かなくてはなりません。なるべく地図の真ん中あたりにラーメン屋さんを配置します。方向感覚を確定させるために、なるべく最寄駅をラーメン屋さんと対象的になるような位置に配置付けします。道路はカーブなどがあっても、写実的に正確に描写するのではなく、分りやすい角度で描くのがベストなようです。また必要のない道は省いても良いそうです。必要最小限の道と、最小限に必要な目印の対象物を地図上に描くことで、不要な道に迷い込まずに、ゴールに辿りつける分りやすい地図が完成するのだそうです。地図作成のガイドラインに沿いながら、最寄駅から店主のラーメン屋さんまでの道のりを、すっきりとして見やすい地図に完成致しました!店主の嬉しそうな顔を思い浮かべながら、娘と再び、商店街のラーメン屋さんに浮き足立つ心を抑えながら急ぎました。ランチ営業を終えて、夜の営業時間まで、キッチンで仕込みをしていた店主に、急いで出来上がった地図入りのチラシを見せると、店主は大喜びしてくれました。地図作成の天才だね!とまで言う店主は、娘に約束のラーメン券を10杯分手渡ししてくれました。娘は早速、使いたいとダダをこねましたが、店主が仕込み中であったので、また休日に連れてくる約束をして娘を黙らせました。店主が、「つかぬお願いがある。」と言うので、チラシの手直しかと思っていたら、お店のアルバイト募集のチラシも、地図入りで作って欲しいと言うのです。今度は、報酬は餃子20皿分だと言います。私はもちろん、チラシの作成は請け負いたいのだけれど、自分がアルバイト店員としてお店に来てはいけないかと、その場で直談判してみました。店主は、大喜びして快く快諾してくれましたが、餃子20皿分を逃した娘は、ふくれっ面をしながら文句を言っていました。食いしん坊な娘に、私がパートに入る日は、必ず餃子のお土産を買って変える約束をして納得させ、全てが丸く収まりました。これから、私のチラシを見て、お店にやって来るお客様に、直接接客する事ができるのかと思うと、なんだかワクワクする気持ちがこみ上げました。果たして私のチラシの地図をみた、お客さまを、続々と招きいれることができるでしょうか?来週のパート開始日から、毎日楽しみが増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です