高齢者の免許返納

近年、よく「高齢者の運転は危険が多いため、自主的に運転免許を返納しましょう」といったような推進活動を目にするようになりました。

しかし、交通手段の乏しい田舎の地域などでは、車社会であることがほとんどで、運転免許を返納した後、社会的な政策無くしてはほとんどの高齢者が生活に困ってしまうという事態に陥りかねないでしょう。

また、交通機関の多い都会でも、運転免許を返納した後、自転車などに乗り換えることで、転倒し、骨折してしまうといったことも心配でしょう。最悪、寝たきりになってしまう人も出てくるかもしれません。

自動車が自転車になろうとならなかろうと、事故を起こしてしまえば同じと言えるのではないでしょうか。また、技術の発達している現代では、高齢者であろうと事故を起こしにくくするための車の安全装置というものも進歩していることを含めて考えると、「高齢者だから」という理由で無理に運転免許を返納しなければならないとは言えないのではないでしょうか。

自動車学校に通うだけではなく、合宿免許などで時間をかけず、気軽に運転免許を取得できるようになった現代だからこそ、危険の要因を「高齢ドライバー」に押し付けるのではなく、免許を持っているひとりひとりがきちんと安全についての認識をわきまえておくということが重要になってくると言えるのではないでしょうか。

法改正により、高齢ドライバーさんは、免許更新や、事故を起こしてしまった際に「認知機能検査」を受けることになっていることもあり、また、自身の衰えというものを痛いほど自覚していることもあり、実を言うと、高齢ドライバーの方が、若い世代のドライバーより安全運転に対する意識は高いとも言えるでしょう。運転免許との距離が近くなった今だからこそ、しっかりと安全への意識を高めることが必要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です