金融の基礎知識

金融の基礎知識

金利や為替、債券、株式、投資信託、保険といった金融商品などに対する理解は、生活に直結する知識です。
子どもの教育から切り離しても、これは重要な分野です。
知識そのものの前に、生活の中の金融や経済という観点で、まず心に留めておいてほしいものです。
こうした金融商品に対する理解を、生活の知恵として端的に表現するならば、「世の中にうまい話はない」ということになります。
金融的表現を用いれば、「ハイリスク・ハイリターンの考え方」といってもよいでしょう。
「うまい話」と思えたら、どこでどのようなリスクを負っているのか見極めなくてはなりません。
それが分からないうちは、信用してはいけないということなのです。
「リスク」に対する理解は、金融や投資を語る時に鍵となる部分であると思います。
しかし、一般の個人に対しては非常に説明の難しいテーマでもあります。
いろいろな試みがなされていると思いますが、リスクとは「どうなるか分からないこと」というのが、最も的確に表された表現ではないかと考えています。
また、金融についての基礎知識に関しては、金利の計算や金融商品の選び方など、実務的・具体的なことよりも、「金利や為替がどういう仕組みで動いているのか」「債券や株式とは経済でどのような役割を果たしているのか」「そういった商品を買う行為は、どういう価値を買っているのか」といったようなことを理解することに力点を置いた方が良いでしょう。
単なる知識で終わるのではなく、経済や市場に対する理解を深めることにつながるからです。
各金融商品の知識に対する関心は、決して低くはありませんが、「資産運用」をテーマにした話は、難しい、あるいはとっつきにくい、関係ないと感じる方が多いようです。
資産運用というのは、「年をとったら退職金を使ってやるもの」というイメージが強く、自分には関係のないととと思いがちな傾向があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です