売却方法

今は、インターネット時代ですので、物件のポイントを幅広く紹介していく方法があります。ただし、インターネット情報が氾濫している現在、いかにうまく買い手側へアピールできるかについては、不動産業者と相談していくことになります。単に幅広く広告せずとも、経験豊富な営業マンの地道な活動に期待することも一手ではないでしょうか。ですから、販売経験豊富でしかも営業活動のポイントを押さえている(例えば、買い手層の人脈を持っている)営業マンに巡り合えるかが勝負のカギとなるでしょう。

最近、インターネット上でのオークションも見かけるようになりましたね。ところが、このオークションには、買う気もない野次馬がいて、いたずらな値動きが生じてしまい、結局のところ本当に物件を探し求めている人達の目に触れないことも多々ありますので、

出来れば、オークションは避けたいところでしょう。けっして、オークションが悪い言うことではありません。オークションには、「あたり、はずれがある。」という風評もあって、折角の物件を真剣に見てくれる買い手がいないという危険性があるからです。

やはり、特定の不動産業者間でのみで情報交換が行われていて、一般市場には公開させずに、業者営業マンの人脈を中心に未公開物件の紹介というか営業活動を通じて、買い手側に特別な物件情報があるという好印象を持ってもらうという戦略が早く売却できる方策ではいでしょうか。

とはいうものの、売却できなければ意味がないので、紹介期間はあまり長くせずに、インターネットの動向を見定めて、ここというタイミングで一般公開による宣伝も活動を併用してみることも必要ではないでしょうか。