経済を知るには

現在は、不動産と金融が融合し密接に関係しあっているそうです。

不動産投資を始めるに当たっては、経済動向、とりわけ金融経済を勉強しておくことが大切でしょう。単に金融ということではなく、いずれ不動産を売却する時期が来たときには、税金対策も重要となるので、少し幅を広げた金融経済を知っておくと良いでしょう。

不動産投資の開始時にローンを組むこともあるでしょう。最近では、ゼロ金利政策時代ともいわれますが、長期ローンを変動金利で組むこともあるでしょう。金融市場の動向と不動産市場における需要と供給バランスについても理解しておくことで、より的確な不動産投資開始への手掛かりを作れると思います。

将来的には、不動産を売却する時も来るでしょう。その時、見誤らない売却タイミングを掴むためにも金融経済の動向には目を向けておく必要があると思います。

金融経済を知れと言っても、特段、金融経済のテクニカルタームを覚えることではなく、経済全体が不動産投資にどのような影響をもたらしているかを日々情報収集して勉強しておくことが重要だと思います。「いやいや、そんなことは、不動産業者に任せておけば」では、投資家として失格なのかもしれませんよ。瞬間的な勉強ではなく投資を始めようと考えた当初から投資活動仲でも長い目をもって学びたいものです。

特に個人で不動産投資を行うには、日常的に金融経済の動向をチェックする姿勢が大切です。

勿論、不動産業者と連携して安定的な資産運運用ができることが望ましいでしょう。自己満足の投資は、とてもリスキーなことなので、日々研鑽を積み不動産投資の一歩でも成功に導けるように心がけて行きたいものですね。