お金は汚いか?

お金は、生活する上で欠かせない存在です。
その半面、日本社会では、「お金にこだわるのは卑しい」という価値観も定着しています。
確かに、日常的にお金の話ばかりする人は疎まれがちです。
ましてやそれが自慢話の類になると、眉をひそめる人が多いことでしょう。
お金には力があります。
それはお金さえあれば、人が持つ欲望の多くを実現することができるからです。
だからこそ、その力を手に入れることだけを目的化したり、欲望がむき出しになったりする姿は決して美しくありません。
お金は便利な道具ではありますが、その道具は人が周囲を含めて幸せになるために用いるべきものです。
ですから、人にはお金をコントロールするだけの力を持つ必要があるのです。
その力がなければ、どれほどお金持ちになっても、幸せな生活を送ることはできなくなる危険が高くなるのです。
となると、人間の器の大きさに応じて、その人に相応しい金額が決まる、ということにもなり得ます。
一方、「銭は不浄のもの」と、よくいわれます。
実際に、私たちが日常手にするお札や硬貨は、非衛生的です。
しかし、お金という概念自体には、きれいも汚いもありません。
お金を汚くするのもきれいにするのも、基本的にそれを持つ人の心の問題であるという点でも、金融リテラシーが必要となってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です