奨学金も借金である

学生時代に奨学金を受け取っていて、社会人になったいま、返済をしているという方や、現在、奨学金を受け取っている学生の方も少なくないと思います。
昨今、この奨学金の返済の焦げ付きが問題になっていますが、これはどういう事なのでしょうか?
実は、奨学金というと、給付のイメージが強いのですが、昨今、奨学金として給付が受けられるものの多くは後に返済が必要な制度のものが多く、平たく言ってしまえば、これも立派な借金なのです。
なかには大学などが給付型の奨学金制度を準備しているところもありますが、それを受給できるのはごくごく少数派で、多くの人が利用しているのは、日本学生支援機構の奨学金ではないかと思います。
同機構の奨学金は、かつて日本育英会奨学金として給付されていたもので、かつては返還免除型の奨学金(一定期間の教育機関や研究機関に勤務を条件)もありましたが、現在は第1種(無利息)、第2種(有利息)のいずれも貸与型で返還義務があります。
貸与額も月10万円の選択も可能なので、大学4年間の利用では卒業時に約500万円という多額の借金を抱えることになり、毎月の返済負担が家計を圧迫することもしばしばです。
日本学生支援機構の奨学金も、卒業後の返還の過程で延滞者が拡大し、3カ月以上の延滞によって全国銀行個人信用情報センターに登録される人が多くなったといいます。
また、経済事情などによる猶予の手続きを怠ったため、機構から返還を求める裁判を起こされる利用者が年間で6000件を超えるほどに、急増している状況が見られます。
これからの利用を考えている方は、返済の見通しも同時に検討して、返還義務のない各大学独自の奨学金などの存在を確認するなど、安易な利用をイメージすることは避けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です